【界面活性剤がないと生きて行けない!】

↑ちょっと言い過ぎましたね。笑

生活しづらいくらいですかね!

みなさん!

ご自宅にあるシャンプーの裏を見てください!

成分表に《ラウリル~》とか《ラウレス~》とか書いてありませんか?

それが

【界面活性剤】です!

どうもこんにちは!

CHILL CHAIR 吉祥寺店の高橋です!

本日は

《界面活性剤》についてお話したいと思います!

シャンプー解析サイトなどでもここ最近、

必ずしも目にする成分「界面活性剤」。

「界面活性剤」が無いと、シャンプーはもちろんのこと

洗顔、クリーム、乳液、体を洗うことも出来ません。

しかし、巷では、「界面活性剤=悪」と言われイメージが悪く思われがちですが、、、

果たして「界面活性剤」とはどういうものなのでしょう。

「界面活性剤」とは

簡単に説明しますと「油と水をくっつけるもの」です!

「界面活性剤」は親水性(水にくっつく)と親油性(油にくっつく)2つの部分があり、

親油性(油にくっつく)部分が髪や頭皮の汚れとくっつき、

親水性(水にくっつく)部分が水とくっつき、

汚れをひっぺがえしてくれます。

「界面活性剤」が適度に頭皮に残ると汚れをつきにくくしてくれますが、

あまりに残留してしまうと

頭皮や髪に刺激が強くダメージを与えてしまう可能性があるので

シャンプーで洗う時間よりも

【最後の`流し`が超重要】

になります!!!!!

今までも他のブログでも

めちゃくちゃ言っていますが″流し″がとても重要です!

ラウリル硫酸NAとラウレス硫酸NAとは?

・ラウリル硫酸NA

「界面活性剤」の中でも洗浄力がとても強く必要以上に皮脂を取ってしまうので注意が必要です。

・ラウレス硫酸NA

ラウリル硫酸NAより分子が大きいので浸透しにくく、

ラウリル硫酸NAに比べると刺激が少ないのですが

それでもダメージ大です。

これを機会にシャンプーを見直してはいかがですか?

吉祥寺のメンズ専門美容室 (BARBER)

CHILL CHAIR 高橋 一城

〒180-0004

東京都武蔵野市吉祥寺本町3-2-8

tel 0422-27-6443

営業時間 平日  12:00~22:00

土日祝 10:30~20:00

定休日 毎週月曜日 第二、第三火曜日