なぜ市販のカラー剤で髪を染めるよりサロンで髪を染めたほうがいいの?ホームカラーとサロンカラーの違い】

市販のカラー剤よりもサロンカラーのほうがいい!と耳にしたことはありませんか?

なぜか。

最大の理由は、ホームカラーのほうがより髪が傷む!!!!からです。

(すでにカラーしている方の場合)カラーしてある髪と根本の新しく生えてきている髪で塗り分ける事は自分では難しいですよね?
そして説明書に書いてある通りに髪全体的に塗ってしまう、、、

すると毛先のほうにカラーを何回も重ねることになるので毛先はよりパサパサになってきます。
傷んでいる証拠ですね。

専門的な話になってしまいますが、”塗り分け”よりも最も傷む原因があります。(まだカラーをしていない方も必見)

それは、”2剤の薬が日本の法律(薬事法)で定められている一番強いものになっている”ということです。

自宅でカラーする時に、2つ薬が入っていてそれを混ぜますよね?
そのうちの1つが日本で一番強い薬というわけです。
(2.4%~あるのですが今日本で一番強いのは6%になっています。)

サロンでも2つの薬を混ぜて使っているのですが、お客様の髪質・ご希望の色・髪の傷み具合などで
2剤の強さを変えることができます!というより変えています!

が!市販のカラー剤には、おしゃれ染めはもちろん、暗くするための白髪染めなどにも一番強い6%の2剤が入っています。
それで髪が傷んでしまうんですねえ。

じゃあなぜ傷むのに市販のは一番強い6%の2剤なのか、というと
また少し難しい話になってしまうのですが、、

一番強いものですと髪の色素を壊す力が強いので
理美容師じゃない方が染めても割とムラのない綺麗な色に染まります。

そしてベタベタと頭皮にも塗ることでもちろん頭皮への刺激も強まります。

自分でやってもキレイに染まる、そしてサロンに行く時間や手間が省ける、なにより安価!!
一見、好条件が揃っているので自宅でのカラーを選びがちですが
髪への負担などを考慮すると断然サロンカラーをオススメします!!
吉祥寺のメンズ専門美容院(床屋)CHILLCHAIR

高円寺のメンズ専門美容室(床屋)CHILLCHAIR

中野のメンズ専門美容室(床屋)髪工房あおの