「ホームカラーとサロンカラーの違い」をプロが具体的に解説!

「ホームカラーとサロンカラーの違い」をプロが具体的に解説!

こんにちは、CHILL CHAIR 吉祥寺店の藤澤です。

日本人の7割がヘアカラーをしていると言われている今、多くの選択肢が増え、あらゆる情報が飛び交っています。

「理美容院で染めても、ドラッグストアのカラー剤で染めても、大して変わらないでしょ?」

という考えの方も多いかと思います。

そこで今日は、

「ホームカラーとサロンカラーの違い」

を具体的に解説していきたいと思います!

ホームカラーとサロンカラーの違い①「アルカリ剤」

カラー剤に含まれているアルカリ剤

・「揮発性」のもの
・「不揮発性」のもの

に分かれます。

アルカリ剤はキューティクルを開き、髪を脱色する役割があります。

アルカリ剤がその役割を終えた後も、揮発せずに髪に残り続けると、ダメージの原因になってしまいます。

主に、

・サロンカラー剤に含まれるアルカリ剤は、アンモニアなど揮発性のもの
・ホームカラー剤に含まれるアルカリ剤は、モノエタノールアミンなどの不揮発性のもの

になります。

ですからホームカラーの場合、揮発せずに髪に残りやすいので、ダメージの原因になりやすいです。

ご自宅で残留したアルカリを除去できれば話は変わりますが、ご自宅でそのケアをするのは難しいでしょう。

ということは、この「アルカリ剤」の点において、ホームカラー剤はサロンカラー剤よりも劣ると言えると思います。

ホームカラーとサロンカラーの違い②「過酸化水素」

カラー剤に含まれる過酸化水素は、脱色・発色の両方に欠かせない成分です。

過酸化水素は、2剤と呼ばれる薬の主成分です。

日本の法律では6%が限界値となっており、理美容院(サロンカラー)では主に1.5%、3%、6%が使われています。

高い数値ほどよく脱色しよく発色しますが、その分ダメージも強い。

健康な髪を明るく染めるには、それなりに高濃度が必要不可欠です。
そこまで明るくせずに色味を入れたいだけの時は、低濃度の過酸化水素で十分です。

ですが、

ホームカラー剤は2剤の濃度を選べない
(ホームカラー剤は6%だけ)

のです。

どんなに健康な髪にも、逆にダメージが重なってる髪に対しても、6%の過酸化水素の濃度で作用してしまいます。

度重なる負荷を受けている毛先に、追い打ちをかけるようにこの負荷をかけると、必要以上のダメージが出る原因となるので注意が必要です。

ということは、この「過酸化水素」の点においても、ホームカラー剤はサロンカラー剤よりも劣ると言えると思います。

ホームカラーとサロンカラーの違い③「塗り方」

ホームカラー剤で染める際は、自分で塗らなければならないので

・ざっくりと根元だけ塗る
・ざっくりと全体的に塗る

この2種類の塗り方になると思います。

自分で染めるとなると、きっちり伸びた根元だけを狙って染めるのは難しいです。
当然ですが、余計に染めてしまっている部分もあるはずです。

それに対して、理美容室でやるサロンカラーは

・正確に根元を塗る
・正確に全体を塗る
・正確に毛先を塗る
・根元と毛先を違う色で塗る

など、髪の部分部分のダメージ度合いにより塗り分けができます。

また、やはり揮発性のあるアルカリ剤を含むカラー剤を使えたり、髪の部分部分のダメージ度合いに対して過酸化水素濃度を変えられるのは、非常に便利です。

このおかげで、余計なダメージを無くすことができます。

ということは、この「塗り方」の点においても、ホームカラー剤はサロンカラー剤よりも劣ると言えると思います。

ホームカラーとサロンカラーの違い④「デザイン性」

ホームカラーの場合、とりあえず全体を染めるだけで終わってしまうと思います。

サロンカラーであれば、明るい色を入れるハイライト、暗い色を入れるローライト、毛先に向かって徐々に明るくしていくグラデーションカラーなどなど、カラーでオシャレに魅せるデザインを作ることができます。

ということは、この「デザイン性」の点においても、ホームカラー剤はサロンカラー剤よりも劣ると言えると思います。

サロンカラーのメリット

ここまで「ホームカラーとサロンカラーの違い」を説明してきましたが、やはりサロンカラーに軍配が上がるようです。

なによりもサロンカラーの最大のメリットは、

髪のダメージやヘアカラーの履歴に合わせて薬剤を決める事ができて、
プロの塗る技術により、ダメージを最低限に済ませることができる

という点でしょう。

サロンカラーのデメリット

では、サロンカラーにはデメリットはないのか?

デメリットを挙げるとしたら、

・価格
・時間

この2つでしょう。

価格は、当然ながらサロンカラーのほうが、ホームカラーより高くなってしまいます。

やはりカラーの塗る技術というのは習得が大変です。
カラーの知識もめちゃくちゃ必要になります。

ですから、そのプロの技術・知識を提供する分、価格は高くなってしまいます。

時間も、ホームカラーのほうが自分の好きな時間に染められます。
理美容院を予約したり、理美容院に向かう必要もありませんからね。

ただサロンカラーであれば、プロの技術で正確に素早くカラーできるわけですから、確実に綺麗に自分の理想のカラーに近づけられると思います。

繰り返しになりますが、ホームカラーのほうが様々な理由で髪が傷みやすいですからね。

ここまで説明させて頂いた内容を踏まえて、自分はホームカラーとサロンカラーどちらが合っているのか?参考にして頂けたら幸いです。

もちろん当店でもカラーができますので、サロンカラーに興味がある方は、一度ご相談ください。

ご相談・ご予約はホームページからどうぞ↓
吉祥寺メンズ専門美容院 | CHILLCHAIR

最後までお読みいただきありがとうございました。

CHILL CHAIR 吉祥寺店 藤澤